プリザーブドフラワーのかしこい選び方

【2018年父の日】父の日にお花って喜ばれるの?

 

2018年の6月17日は父の日です。

母の日=お花(カーネーション)が定番ですが、父の日にはこれといったものがないように思われますね。様々な業界が、「父の日にはコレがおすすめですよ!」と謳っている中、お花屋さんだってもちろん「父の日にはお花を贈りましょう!」とプロモーションしているんです!

それでも、父の日にお花ってありなのかな? そもそもお父さんはお花を貰っても嬉しいのか、など疑問に思われることも多いでしょう

お父さんはお花を貰っても嬉しいの?

園芸を趣味でされているお父さんや、お花の仕事関係をされている人なら、お花を貰って嬉しくない人はまずいません。

そうじゃないお父さんには、お花だけをプレゼントするのではなくて、+何かのプレゼントをされてはいかがでしょうか?

例えば、お酒が好きなら、お父さんの好きな銘柄のワインに真っ赤なバラを添えて渡したり、

趣味でゴルフをしているお父さんならお花を一緒にアレンジした華やかなプレゼントを用意するなど、お花だけじゃ物足りないけど、より素敵になる演出をしてみてはいかがでしょうか?

 父の日には黄色いお花がおすすめです

父の日が近づくと、イエローリボン賞(ベストファーザー賞)が発表されます。

これは、素敵なお父さんに贈られる賞で、2017年には市川海老蔵さんや、サッカー選手の大久保嘉人さんが受賞されました。

黄色には「嬉しい」「楽しい」「暖かい」「幸せ」「希望」などの意味があります。イエローカラーを見て暗いなどのマイナスイメージを抱くことはありません。

いつも家庭を支えてくれるお父さんに感謝の気持ちを込めて、黄色いものをプレゼントしてみてはいかがですか?きっと気持ちまで明るくなります。

日本ファザーズデイ実行委員会のイメージカラーがブルーとイエローであることから、青い包装紙と黄色いリボンでラッピングするのもおすすめです。

お花なら黄色い薔薇や、ひまわりなど季節のお花がおすすめです。

 

プリザーブドフラワーなら、ブルー系のお花の種類がたくさんあります!黄色いリボンでラッピングして、「父の日には感謝と尊敬を込めて、黄色と青色が入ったものを贈ります」と一言添えると、例えお花であってもお父さんに感謝の気持ちが伝わります。

父の日まとめ

ネクタイやお酒にお花を添えるのもあり、

黄色や青系が入ったお花をプレゼントして意味を伝えるだけで、そのプレゼントはきっと何倍もの価値が生まれます。

2018年も素敵な父の日にしてくださいね!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

プリザーブドフラワー専門通販サイト 堂島花壇オンラインショップ

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////