プリザーブドフラワーのかしこい選び方

初盆のお花はいつ贈る?どんなお花がいい?迷ったらプリザーブドフラワーがおすすめ!

大切な方が亡くなって初めて迎えるお盆、初盆。

亡くなってからまだ日も浅く、ご家族や周りの方々の心もまだ癒えないままに迎えることが多いもの。

そんな初盆には、亡くなられた故人とそのご家族を想い、お供えのお花を贈りたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ただ、初盆は法要の予定などもあり、準備など慌ただしいもの。

バタバタとする初盆にはいつ、どんなお花を用意すればよいのでしょうか?

 

今回は、初盆の流れのご紹介と共に、初盆に贈るお花の中でも特におすすめの「プリザーブドフラワーのお供え」についてご紹介させて頂きます。

 

目次
初盆とは?

初盆にお花を贈るならいつが最適?

初盆に贈るお花はどんなお花?

初盆にオススメなプリザーブドフラワーのお供え

初盆にプリザーブドフラワーがオススメな理由

 

 

 

初盆とは?

ところで、良く耳にする「初盆」。

初盆とはどういう意味で、どんなことをする日なのでしょうか?

 

初盆とは「亡くなってから四十九日を過ぎ、初めて迎えるお盆」のことです。

間違えやすいのが、亡くなって初めて迎えるお盆、とは違う点。

四十九日を過ぎているかで変わってくるため注意が必要です。
(四十九日を迎える前にお盆を迎えた場合は、次の年が初盆となります)

初盆は、亡くなった方が初めて迎えるお盆の為、法要を営むことが多いとされています。

 

初盆にお花を贈るならいつが最適?

 

お盆期間は地域によって異なります。

【7月がお盆の地域】
7月13日~16日 の4日間【8月がお盆の地域】
8月13日~16日 の4日間

(地域によって、お盆が7月か8月か異なります。先様に確認を忘れずに!)

 

初盆にお花をお贈りする場合、お盆に入る前に贈るのが一般的です。

ただし、暑い時期でもあるので、あまり早く贈りすぎると、お盆の当日にお花がしおれてしまう可能性も。
お贈りするベストの日はお盆入りする前日
先様の予定を聞いて、受け取りやすいようにしておくことをお忘れなく。

 

初盆に贈るお花はどんなお花?

初盆は亡くなってから日が浅いため白色のみ又は白を基調として控えめな淡い色を選ぶことが礼儀と言われています。

また、手間をかけさせないようにするため、届いたらそのまま飾れるアレンジタイプがオススメ。
(花束は花瓶を用意したり水替えをしたりする手間がかかるため、初盆の忙しい時には不向きとされています。)

寂しさに寄り添うような温かなアレンジメントが喜ばれていますので、故人様、そしてご家族を想ってお花をお選びください。

 

 

 

 

初盆にオススメなプリザーブドフラワーのお供え


浮雲 プリザーブドフラワー【送料無料】ホワイトパープルの丸い菊にホワイトグリーンのカーネーションを合わせた、ふんわり優しいお供えアレンジ。
白のカスミソウで、浮雲のようなふんわりした雰囲気に仕上げたプリザーブドフラワーを大切な方や、お世話になった方へのお供えにいかがでしょうか。

お供え-常花(とこはな) /プリザーブドフラワー【送料無料】ガラスドームに優しい色合いのホワイトピンクの小菊を入れたお供えアレンジは、グラデーションカラーの小菊をメインにカスミ草・あじさいなど繊細で美しいお花を選びました。
ホワイトを基調にパープル・イエローのお花を添えて上品に仕上げ、男性・女性を問わずお供えできる仏花です。

お供え-トリビュート /プリザーブドフラワー【送料無料】 ホワイトをメインに上品なお悔やみのプリザーブドフラワーに仕上げました。
白・グリーン・パープルを基調とした淡い色合いのお花は、まだ亡くなって日の浅い初七日や四十九日・一周忌のお花としてもお供えしやすいアレンジです。モダンでおしゃれだった故人様を偲ぶのにふさわしい、バラをメインとした洋風のお花を使用しております。

お供え-想い花 /プリザーブドフラワー【送料無料】突然の悲しみにくれるご家族様に寄り添う優しい色合いのプリザーブドフラワー。
ご冥福を祈る心を、白と優しいパープルの花でアレンジしました。
沈む気持ちを少しでも軽くしてさしあげるお供え花を…。

お供え-静か /プリザーブドフラワー【送料無料】小ぶりな器にホワイト、パープルの菊とふんわりとした白のラグラスをアレンジしたお供え花です。
癒しの中に温かさを感じさせるような優しいアレンジです。

 

 

初盆にプリザーブドフラワーがオススメな理由

初盆のお供えのお花にプリザーブドフラワーが人気の理由は、
お手入れ要らずで長く飾っていられるためです。

面倒に感じる水やりや水替え、日光に当てるなどの手間がかからないため、
何かとバタバタと準備に追われる初盆のお供えにお贈りする方が増えてきています。

「バタバタ過ごしていたけど、お花を見て癒された」

「準備や片付けなどに追われて枯れてしまう花もあったけど、プリザーブドフラワーはずっと置いて置けて終わってからもお供え出来て良かった」

など皆様にお喜び頂いています。

初盆のお花に迷われた方は、お手入れの必要ないプリザーブドフラワーを贈ってみてはいかがでしょうか?

 

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施して長期間美しさを楽しめるようにしたお花です。
生花の瑞々しさを残したまま、美しさを長く楽しめることから「枯れないお花」とも呼ばれています。

プリザーブドフラワーの特徴は、下記の4つ。

①長く楽しめる

→特殊な加工が施してあり、保存状態が良ければ2~3年楽しむことが出来ます。


②生花と見間違えるほどの美しさ

→造花やドライフラワーとは違い、生花の瑞々しさを残しつつ加工


③生花にはない色合いも楽しめる

→プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施し、着色したお花です。
その為、生花ではなかなか手に入りにくいブルー系やグリーンのお花などもございます。


④湿気と直射日光に弱い

→プリザーブドフラワーは加工の時に染料で着色をしていますが、その染料が湿気に弱く
湿気を吸うと染料が漏れ出てきてしまいます。
また、直射日光に当てすぎると花びらがひび割れてしまったり日焼けして偏食の原因となります。

 

 

 


いかがでしたか?

初盆は、亡くなられた方が初めてお家に帰ってこられる大切な日です。

ぜひ、初盆には華やかなお花で故人様もご家族様も癒やせるお花をお選び下さい。

 

お供え特集はこちら↓

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

フルールドゥマカロン プリザーブドフラワー通販専門店

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////