プリザーブドフラワーのかしこい選び方

母の日、お母さんが好きな色合わせ!

一年の中で様々なシーンに、大切な方へお花を贈る機会があると思います。

大好きな友人のお誕生日プレゼントに「お誕生日おめでとう」の言葉と共に。
お世話になった上司への送別に感謝を込めて「有難うございました」の気持ちで。
プロポーズでは「結婚してください」のサプライズも込めて。

そして母の日や父の日に・・・

人生一度のプロポーズでも、毎年のお祝いのお誕生日ギフトとしても、お花はいつも身近にあり、大変喜ばれる贈り物の一つにあげられています。

そこで、喜ばれる贈り物選びに大切なのが、色の組み合わせです!!

お花には沢山の色があります。ハッキリとした濃い色や優しく淡い色のお花。

男女間や年齢層によっても色の好みが違ってきますので、誰にどんなシーンに、そしてどんな気持ちを伝えたいのか。

喜んでもらえる花贈り、お花の色合いと色の組み合わせを調べました。

 

今回は母の日にターゲットをしぼり、お母さんが喜ぶお花の色あわせは?
をお伝えします。

 

目次

色の好き嫌いがあるのはなぜ?

色から感じるイメージ

色から連想させる物

女性が好むイメージと色(年齢別)

色の組み合わせで感じる印象

2019年母の日おすすめアレンジメント

まとめ

 

水につかった色鉛筆の画像

 

 色の好き嫌いがあるのはなぜ?

色とは目と光から感じ取るものですが、心理的要因によって好き嫌いがでてくるようです。

過去にさかのぼり、マイナス的な事柄に繋がる色は縁起が悪く思いキライであったり。

その反対に良い出来事があったときに着ていた服の色が、その人のラッキーカラーとなったりして、いつも身につけていたりするようです。

また、色とは気分をリラックスさせたり、緊張させたりなどの要因もあるようです。

 

緑色は森林を思い浮かべて気持ちがほぐれる・・とか

黒色は暗闇を想像してしまい気分が滅入る・・などと思う方もいます。

でも若い方の黒はカッコいい、センスがあるに繋がりますので、色の好みは年齢的にも大きく左右されるものでもあるのかもしれませんね。

 

色から感じるイメージ

人は色からどんなイメージを感じるのか・・・

 

レッド     お祝い・エネルギッシュ・意欲的・行動力

オレンジ    暖かみ・朗らか・親しみやすさ

イエロー    喜び・元気・喜び・笑顔・明るい

グリーン    ナチュラル・穏やか・自然・落ち着き

ブルー     誠実・爽やか・冷静・静寂

パープル    お祝い・上品・珍しい・神秘的・高級感

ピンク     可愛らしさ・優しさ・喜び・柔らかさ

ホワイト    清楚感・シンプル・ナチュラル

 

色から感じとるイメージは人それぞれなのかもしれませんが、多くの方が抱くイメージとされています。

 

色から連想させるもの

レッド     太陽・・・・・真っ赤な太陽はエネルギーの源を連想

オレンジ    フルーツ・・・みかん等、果物に多い色合い

イエロー    ビタミン・・・ビタミン剤を連想されるのか元気を連想

グリーン    植物・・・・・森林の木々のイメージ

ブルー     空、海・・・・晴れ渡る空や紺碧の海を思わせる

パープル    高貴な物・・・日常にあまりない珍しさ

ピンク     女性・・・・・優しく可愛いイメージ

ホワイト    花嫁・・・・・新婦の白無垢やドレスを連想

 

こちらも一般的なデーターですが、色で連想して思い浮かべるものがあるんですね。

生活の中で接している物や事柄が大きく影響しているようです。

 

女性が好むイメージと色(年齢別)

40代   好むイメージ・・・ナチュラル・カジュアル
好きな色  ・・・イエローオレンジホワイトグリーン

40代はご自分の考えや思考、生活モデルを持ち、何事にもナチュラル、シンプルに進めていく年代でしょうか。

身につける物、ご自宅に飾る物もナチュラルな色を好む方が多いようです。

 

50代   好むイメージ・・・エレガント
好きな色  ・・・ピンクパープルレッドホワイト

50代は40代と比べ、より女性らしさがあるものがみという方も多いようですね。

好きな色の中にピンクとパープルが入っているのは、可愛らしさの中にもエレガントを感じる物が好みということではないでしょうか。

 

60代   好むイメージ・・・シック
好きな色  ・・・パープルピンクグリーンホワイト

60代女性はパープル系の色を好む方が多いようです。

先にもお伝えしましたように、パープルは品や高級感を感じる色とされていますので、少し上質感がある色がお好きな年代なのかもしれないですね。

 

色の組み合わせで感じる印象

年齢や好みの違いもありますが、40代~60代の女性が好む色は、イエロー・ホワイト・ピンク・パープル・グリーン・レッドにまとめる事ができると思います。

ではこの色のなかでの組み合わせでどんな印象が出るのか・・・

 

ピンク×淡いイエロー ・・・可愛い中にも元気さを感じ、ナチュラルな印象

ピンク×パープル   ・・・女性らしさの中に高級感を感じ、エレガントな印象

イエロー×オレンジ  ・・・暖かみを感じる、ナチュラルな印象

ピンク×ホワイト   ・・・優しく可愛らしい、キュートな印象

パープル×ホワイト  ・・・スッキリと上品で、シックな印象

レッド×グリーン   ・・・鮮やかなレッドをより際立つ色合いに、華やかな印象

 

このように色の組み合わせによって印象が大きく変わってきます。

花ギフトといっても相手様の年齢や好みも考えて選んでいただくことで、より貰って嬉しい贈り物になると思います。

 

2019年母の日おすすめアレンジメント

 

 

ピンクのバラとパープルのカーネーションの和風アレンジメント画像

花笑み(ピンク)

モダンなアイアンの器にアレンジしたピンクバラと、花びらが中心からグラデーションに色を変化させている珍しいカーネーションを使い、「和」を表現しました。

女性が好きなピンクとパープルでエレガントな印象のアレンジメントです。

洋室にも飾っていただけるモダンさがおすすめです。

 

イエローバラとカーネーションの和風アレンジメント画像

花笑み(イエロー)

イエローは元気で明るくカジュアルな色合いですが、モダンなブラックの器が全体を引き締め、くだけ過ぎない親しみやすさを感じます。

お部屋の中をパッと明るくしてくれるようなアレンジメントです。

 

赤い花びらのバラのアレンジメント画像

花明り(レッド)

華やかな印象をあたえてくれるレッド。

バラとアジサイを使ったレッドの濃淡仕上げは、お祝いの贈り花に人気です。

シンプルな色合わせがレッドの鮮やかさをよりキレイに強調されます。

 

黄色い花びらのばらを使ったアレンジメント画像

花明り(イエロー)

淡いイエローとオレンジ色のハーモニーは、ナチュラルな優しさを感じます。

心穏やかに、元気がわいてくるようなホッとする色合いのアレンジメントです。
陶器の器の柄はペイズリー柄で、インテリアとしてもおすすめのアレンジメントです。

 

ピンクの花びらのバラを使ったアレンジメントの画像

花明り(ピンク)

フワリと優しく香りそうなピンクとホワイトのアレンジメントは、可愛らしくキュートな印象に。「花明り」の名前のように周りを明るく照らしてくれるようなアレンジメントです。

広い年齢層で好まれているピンクは女性の永遠の憧れ色なのかも・・・

 

紫の花びらのバラを使ったアレンジメント画像

花明り(パープル)

しっとりと落ち着きのあるパープル。上品な印象を持つ色合いも、濃淡仕上げでリズミカルに変身します。
高級感を感じる色合いはお祝いの贈り物におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お花の色の組み合わせ一つで、いろいろなイメージ、印象が違ってきます。

色の組み合わせの好き嫌いは、個人の趣味や年齢層にもよりますが、
母の日は赤いカーネーション!も良いですが、プレゼントをするお母様を思い浮かべての贈り物探しをするのはどうでしょうか。

 

プリザーブドフラワーならお母様の側で長く楽しんでいただけますし、面倒なお手入れをしていただくこともありません

2019年 今年の母の日のプレゼント選びの参考になりましたでしょうか。

いつまでも元気でいて欲しい、そしていつもの感謝の気持ちをお贈りください。

 

母の日の特集ページはこちらから

フルールドゥマカロン母の日2019特集ページバナー

 

母の日にも人気!ハーバリウム特集はこちらから

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

フルールドゥマカロン プリザーブドフラワー通販専門店

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////