プリザーブドフラワーのかしこい選び方

父の日って何を贈ればいいの?定番プレゼントを調べました

いつも家族の為に頑張ってくれているお父さんに感謝する「父の日」。

けれども、「母の日」比べると浸透度はいまひとつのようです・・・・・・
母の日のプレゼントといえばカーネーションが定番ですが、
父の日には何を贈ればよいのでしょうか?

 

父の日の歴史

6月の第3日曜日が父の日と決められており、今年の2017年は6月18日となっております。

 

ちなみに、お母さんの為の母の日の起源には諸説あり、
17世紀頃に英国等で奉公に出ている子どもたちが、
教会で年に一度だけお母さんと再会する事ができる日が由来だという節や、
南北戦争で、怪我をした兵士の看護に走り回った女性「アン・ジャービス」という
女性を悼む19世紀初頭頃の行事が由来という節があります。

 

対して、父の日が始まったのは、1972年のアメリカで国の記念日として制定されたのが始まりです。
母の日に比べると、少し歴史が浅いですね。

父の日が正式に設立となったのは1972年のことですが、
その由来は制定の60年以上前に、ソノラ・スマート・ドッドという女性が
「母の日はあるのにお父さんの為の父の日がないのは変だ」と
教会に嘆願書を提出したことから始まったとされています。

また、ソノラは亡き父のお墓に白いバラを飾っていたことから、
お父さんが故人の場合は白いバラを、
ご健在の場合は赤いバラを贈るという習慣がアメリカでは浸透しているようです。

赤と白のバラ

父の日のプレゼントの定番は?

日本でも父の日には赤いバラ(もしくは白いバラ)を贈るのが
一般的かというと、少し違うようです。

 

これは、日本ファザーズ・デイ委員会が父の日には日頃の感謝の想いを
“黄色いリボン”として贈ろうというキャンペーンを毎年行っていることと関係があるようで、
イエローのバラやヒマワリを贈る方も多くなっています。

 

ひまわりの花瓶

 

黄色は、イギリスでは、『身を守るための色』とされており、
黄色のネクタイやハンカチなどを身につけると
お守りになるというジンクスがあります。

そして、アメリカでも黄色のリボンは“大切な人の戦場での無事をお祈りする”シンボルなのです。

 

 

また、日本でも黄色には「幸福」や「希望」というポジティブなイメージがあるので、
赤や白のシックなバラを贈る事よりも
浸透しやすかったのかもしれませんね。

父の日の頃というと、日本では初夏なので、明るい黄色が映える素敵な季節でもあります。

 

黄色いリボンラッピング受付中です

今年はいつもお世話になっているお父さんにどんなプレゼントを贈りますか?

フルールドゥマカロンでは父の日にピッタリなプリザーブドフラワーを特集中です♪
イエローのバラはもちろん、普段はお花なんて気恥ずかしいという男性にも

喜ばれそうなダンディな雰囲気のものや、さわやかカラーまで取り揃えております。

 

 

また、父の日にちなんで、黄色いリボンにてラッピングすることも可能です!

ご希望の場合は、ご注文時の備考欄に、【ラッピングのリボンは黄色で】とご入力くださいませ。
(ご指定のない場合は、商品にあわせておまかせでご用意いたします)

 

父の日にオススメのプリザーブドフラワー特集はこちらから♪

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

フルールドゥマカロン プリザーブドフラワー通販専門店

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////