お知らせ

お客様に大切なお知らせです。

 

突然ですが、こちらの3枚の画像をご覧下さい。

どれも赤バラをメインに使った華やかなアレンジメントですね♪

でも実はこれ、1つだけプリザーブドフラワーでできたお花なんです。

ダイヤモンドローズ(R)

ダイヤモンドローズ(R)【プリザーブドフラワー】

 

 

FlowerBoxシュクラン

FlowerBox“シュクラン”   【生花】

※こちらは現在取り扱いをしておりません

 

 

 

プロポーズFlower Box

 

プロポーズFlower Box 【生花】

 

こうして並べてみると、ほとんど違いが分かりません。

・・・でも、それはお客様が悪いわけではありません。

近年のお花は造花でもプリザーブドフラワーでも、まるで生花のように質がいいものが出回っております。

どんなに見た目が似ていても、プリザーブドフラワーは長持ちしますが、生花は枯れます。

 

先日、こんなやり取りがありました。

オンラインショップの電話にかかってきた、実際にあったやり取りです。

 

「HPで見た、プロポーズにおすすめと書かれていたボックスのプリザーブドフラワーが欲しいんだけど」

「ありがとうございます。お客様が仰っています商品は、「ダイヤモンドローズ」でお間違いないでしょうか?」

「えーっと、そうだったと思います。」

「黒いボックスにバラが9輪入った商品でお間違いないでしょうか?」

「確かそんな感じだったと思います。赤いバラで、”真ん中にプレートが入った”やつです。」

 

・・・もうお気づきでしょうか?

お客様が仰っていたものは、ダイヤモンドローズではなく、プロポーズFlowerBoxのことだったのです!

求めていたものが生花だと分かると、お客様はすごくびっくりされていました。

このお客様はプリザーブドフラワーを探されていたので、このプロポーズFlowerBoxではなく、ダイヤモンドローズをご購入されました。

 

実は今回のようなケースはよくあることなのです。

残念ながら、プリザーブドフラワーを買うつもりで生花を持ち帰った方から、一週間後にお花が枯れてしまったんだけど・・・とお電話を頂くことがあります。

そうなると、あげる方も貰う方もとっても悲しい気持ちになります。

もちろん、スタッフだって例外ではありません。

お客様とのやり取りの中で、気付けなかったことは悔しいし不甲斐なさでいっぱいです。

お花屋さんはお花のプロだからこそ、ついお客様目線で物事を見られないことがあります。

 

堂島花壇は、生花用とプリザーブドフラワー用にホームページを分けております。

ですが、色々なページを見ているうちに、別サイトにとんでしまい、

生花用で商品を見た人が、生花を頼むつもりでプリザーブドフラワーの方にご注文頂くこともあります。

 

だからこそ、どんな些細なことでもいいので、情報が欲しいのです。

その情報の中で、少しでも「?」と思ったら、絶対に「これってプリザーブドフラワーですよね?」と聞いて下さい。

 

もちろん、花のプロである我々が気をつけねばならないことです。

ですが、お客様が悲しい気持ちにならないためにも、ご協力頂けますと幸いです。

当店からのお願いです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

プリザーブドフラワー専門通販サイト 堂島花壇オンラインショップ

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////