プリザーブドフラワーの豆知識

ガーベラってこんなお花♪【豆知識・歴史・育て方】

黒い芯の、クリーム色のガーベラ

見た目が可愛らしいガーベラは、名前は知らなくても見たことがある人は多いくらい、

非常にポピュラーで人気のお花です♪

今回は、そんなガーベラの魅力と豆知識のお話です^^

ガーベラの歴史

ガーベラは、バラや菊の次に種類がたくさんあります

一口にピンクといっても、淡いピンクからショッキングピンクまでさまざま、

また、中心が黒いか白いかだけでも印象が変わります

色とりどりのガーベラ

花びらの形も、先端が丸くて細長い一般的な形のものや

スパイダー品種と呼ばれる花びらが糸のようになっているものがあります

糸のような花びらを持つスパイダー品種のガーベラ

ガーベラの育て方

・購入するときの注意点

こんなガーベラは危険です↓↓

しおれたガーベラ 中心がぼけたガーベラ

中心がぼやけていたり、花びらがそっていたりすると要注意です

茎が真っすぐでしっかりしているものを選びましょう

ガーベラの茎は曲がりやすいので、可能であればお花屋さんでワイヤーを巻いてもらいましょう

 

・水の管理(切り花)

花瓶に活けられたガーベラ

ガーベラは茎が腐りやすいので、切り花だとたくさんのお水につける必要はありません

花瓶に2センチくらいお水を入れて、茎を斜めにカットするとお水を吸い上げやすくなります

また、花瓶の水は小まめに替え、そのつど茎も切りましょう(これを切り戻しといいます)

茎は長く切る必要はなく、少しだけカットするようにしましょう。

また、花瓶や茎がぬるぬるする場合はしっかり洗い流しましょう

ガーベラの豆知識! クリームスプリングスって?

”クリームスプリングス”というガーベラは、淡いピンク色のスパイダー品種です。

↓これの、淡いピンクバージョンのガーベラです。

なぜ、ピンク色なのに、クリームスプリングスなのかというと、

実は、日本人には淡いピンクに見えていますが、外国人にはクリーム色に見えるのだそうです。

なぜ、日本人にはピンクに見えるのかというと、

日本には桜の木があるからなのです

日本人は桜色という色彩に昔から慣れ親しんでいるおかげで、淡いピンク色を認識できるんですね!

ガーベラはプリザーブドフラワーでも楽しめます

プリザーブドフラワーのガーベラ

生花に比べると小さくなりがちですが、

ガーベラは生花さながらの大きさのプリザーブドフラワーが存在します

愛らしいガーベラを、是非プリザーブドフラワーでも楽しんでくださいね♪

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

プリザーブドフラワー専門通販サイト 堂島花壇オンラインショップ

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////