プリザーブドフラワーの豆知識

プリザーブドフラワーはどうして小さくても高いの?

みなさま、こんにちは!

今回はプリザーブドフラワーのサイズとお値段のことについてお話ししたいと思います。

最近は花屋の店先でもよく販売されているプリザーブドフラワーですが、小さいサイズのアレンジメントでもけっこうお値段が高いなと感じられる方が多いのではないでしょうか

そこで、なぜこんなに高いのか!その理由についてご紹介させて頂きます。

 

理由1 生花を加工して作ったお花

まずプリザーブドフラワーとは生花を特殊な脱色剤に漬けて、元々の色を抜きます。脱色した後、乾燥させ、いろんな色合いに着色します。そして再び乾燥させることで出来上がります。

脱色、着色、共に溶液に浸けるのは最低でも丸1日はかかります。

こんな風に生花をプリザーブドフラワーにするだけでかなりの手間と時間がかかっています。

 

プリザーブドフラワーの種類

次にプリザーブドフラワーの種類ですが、主流はバラ、カーネーション、あじさいなどです。

コスモスなどのような花びらの薄い花の種類は液に漬けるだけで花びら同士がくっついてしまったりして、なかなかプリザーブドフラワーに加工するのは難しいのです。

でも、今は加工が難しいですが、これから技術も向上して、そのうち小さい小花や花びらの薄いお花も出てくるかもしれませんね。私も楽しみです。

コスモスのお花

 

理由2 アレンジメントを作る前の下準備

プリザーブドフラワーは基本、お花の部分だけ(これを花首と呼んでいます)で茎がありません。

アレンジを作る時は、花首にワイヤーを通し、お花専用の粘着テープで巻き、茎を作ります。

茎はワイヤーなので見せないように作るのがキレイに見えます。

この作業だけでも時間がかかります。

 

アレンジメントの作り方

上記の下準備を終えましたら、アレンジメントを作ることが出来ます。

加工するだけで時間もかかり、アレンジを作るまで、いろんな手間がかかっていますので、小さいサイズのアレンジでもお値段がお高くなってしまうのです。

ですが、プリザーブドフラワーは生花の瑞々しさを保ったまま長く飾っておけます。それが一番のメリットです。

またプリザーブドフラワーはお水をあげる必要もありませんし、保存も楽です。
生花ですと、お花の水替え等しないといけませんが、プリザーブドフラワーは何もしなくていいですし、そのまま置いておけますので、おススメです。

プレゼントにも最適です♪

 

 

こんな記事もおすすめです

プリザーブドフラワーは生花と比べて高級品?選び方の注意点と保存方法まとめ

プリザーブドフラワーとはどんなお花?メリット・デメリットは?

プリザーブドフラワーを作る時に大切にしていること。

【写真で比較】生花とプリザーブドフラワーのダリアの花

【完全版】バラの花言葉は本数や色で変わるの?気になる意味とは

プレゼントにぴったり!青いバラの花言葉とは?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

フルールドゥマカロン プリザーブドフラワー通販専門店

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////