プリザーブドフラワーの豆知識

七五三のお祝いにプリザーブドフラワーはいかがですか?

 

11月といえば七五三のシーズンですね。七五三といえば、神社やお寺などで可愛い着物姿の女の子や男の子をよく見かけます。お宮参りが11月の季語として使われるくらいポピュラーな行事で、日本には欠かせない文化の1つですね。

七五三とは?

七五三は、女の子が三歳と七歳になったときと、男の子が五歳になったときにお祝いをします。七五三の日は11月15日と決まっているそうでとすが、近年では11月の土日に行われることが多いようです。

また、寒冷地である北海道では11月では寒すぎることから一か月早めて10月15日にされることが多いそうです。

七五三の歴史

江戸時代、ある徳川家の将軍の健康を祈ってお宮参りをしたのがはじまりです。それが発展して子供の長寿を祝う儀式となり、関東でのみ行われていた行事が、京都や大阪などの関西にも受け継がれ、今や全国区となったそうです。

旧暦では数え年でしたが、今ではその年の年齢ですることが多いようです。兄弟の年が近いと、まとめてやるところも多いですね。

千歳飴

千歳飴とは、七五三にかかせないアイテムの1つですね。小さい頃に買って貰った記憶がある人も多いのではないでしょうか?(ちなみに私は、食べきれないからと代わりに屋台の綿あめを買って貰ったような気がします)

千歳飴は、その形状が細くて長いことから、千年くらい、細く長く生きますようにと長寿の願いが込められています。

似たようなもので金太郎飴がありますが、あれはどこから切っても同じ模様があるいうのが売りで、長いままではなく初めから切られて売っているものが多いようです。

千歳飴は大人でも一人で食べるのはなかなか難しいので、お宮参りが終わって家に帰ったあとは、皆で仲良く食べるようです。

七五三のお祝いにはプリザーブドフラワーを

子供の健康と長寿を祝ってお参りする七五三に、いつまでも元気で可愛くいてねの気持ちを込めてお花を贈ってみてはいかがですか?

七五三には鳥居の前や写真館などで記念撮影することも多いので、中に写真を入れてフォトフレームを贈るのもおすすめです。

素敵なお祝いになりますように

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

プリザーブドフラワー専門通販サイト 堂島花壇オンラインショップ

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////