お客様の声

お客様の声「お供えのプリザーブドフラワーに赤色はNGですか?」

花瓶に入ったお正月にもオススメなバラ

ご家族様へのお供え花についてのお問合せを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

 

Q.お供えのプリザーブドフラワーに赤色はどうですか?

亡くなった祖母の自宅用のお供え花をブリザードフラワーにしようと考えてます。

ピンクや白のアレンジをイメージしています。
祖母は赤色が好きだったのですが、ピンクや白の中に赤を入れると
きつくなってしまうでしょうか?

洋花の方が好きでお花が大好きな祖母でしたので、
洋花中心でお願いしたいと思っています。

 

 

A.お供え花のマナーは間柄により考え方も変わってOKです

ピンクの器に入った白いかすみ草

今回はオーダーメイドのプリザーブドフラワーのご相談をありがとうございます。

お供え花に使用する「赤色

まず、「赤を入れるときつくなってしまうか」についてお答えします。
確かに白やピンクに赤を足すと、少し目立つ感じの印象になるかとは思われます。

日本では赤色はお祝いごとのシンボルカラーですので、お供えには避けたほうが良いというマナーがポピュラーなものでございます。(地域により風習が異なりますが)
当店でも、取引先の方や遠縁のご親戚にお供えされる場合は、
お受取りになられた時に気にされる方もいらっしゃいますので、
赤色は避けたほうが良いのではないかとアドバイスさせて頂く時がございます。

また、棘のあるお花はお供えには向かないということで、
バラの花も避ける方もいらっしゃいます。

けれども、プリザーブドフラワーは長く飾ることのできるお花でございますし、
ご家族様同士のお供え花ということであれば
お祖母様のお好きな色やお花を入れて差し上げたほうがお喜びになられるのではないでしょうか。

今まで身近にいらっしゃったご家族様だからこそできる、
感謝の込められたご供養方法のひとつかと思われます。

お供えなので全体の印象は柔らかく

お好きなお色が赤色ということでしたら、あまりきつくなりすぎないように
白・ピンクをメインに少し赤を混ぜるのはいかがでしょうか?

洋花ということで、和の印象の強い菊などは使用せず、
プリザーブドフラワーで特に見た目が美しいバラも使用して華やかに作成することもおすすめです。

また、淡い色に赤の花を入れますと、時間経過と共にプリザーブドフラワーの染料が色移りをしてしまう恐れがございます。

お花同士がくっつかない為のクッションとしてリボンやピック・造葉を使用したほうが、
お供え花として美しくお飾りできるかと思われます。

 

お供えのプリザーブドフラワーは故人の好きな花を

お供え花のマナーというと、
「バラなど棘のあるお花や香りの強いもの・赤色は避ける」などが知られています。

もちろん、日本で受け継がれてきた伝統ですので、
基本的にはお供え花を贈る際には覚えておいたほうが良いマナーですね。

けれども、お水や日光を必要とせず長期間咲き続けるプリザーブドフラワーの場合は、
マナーだけにこだわらす「故人さまの生前お好きだったお花をずっと飾ってあげたい」という
想いもとても大切なものだと思います。

ご家族や特に親しかった方へのお供えをお考えの場合は、
ぜひ昔の面影を思い出しながら、その人の為のお花を選んであげてくださいませ。

 

【送料無料】お供え用プリザーブドフラワーの特集はこちらから

お供えプリザーブドフラワー特集バナー

特注プリザーブドフラワーのご案内ページはこちらから

オーダーメイドプリザーブドフラワー案内ページバナー

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

フルールドゥマカロン プリザーブドフラワー通販専門店

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////