お客様の声

お客様の声「ペットのお供えにプリザーブドフラワーを贈ってもいいの?」

【お客様からの声】

Q.プリザーブドフラワーをペットのお供えに贈ってもいいの?

 

ズバリ答えは・・・大丈夫です!

生花を使ったお供え花より、コンパクトで手間がかからず長くお供えできるのが良いと言われています。

今日本では多くの方がペットを飼われています。
愛玩動物と言われる、しぐさや見た目が可愛いという目的だけで飼われているのではなく、ペットはもう家族の一員として私たちと生活しています。

ペット達は、体調が優れない日や悲しい時には側にいて、私たち人間の様子をしっかりとみてくれています。
その姿は、まるで人間の話を理解しているかのようです。

そんな小さな家族を亡くした飼い主様は、とても悲しく寂しい想いをされていることと思います。
その悲しみに寄り添い、少しでも心が癒されるようにと、ペットのお供えのお花を贈る方が増えています。

ペットが渡る虹の橋

虹の橋という物語をご存知の方も多いと思いますが、
一緒に暮らしていたペットが亡くなった時、虹の橋を渡ったと言います。
虹の橋を渡った先は、病気もなく若い頃の元気な身体になり遊びまわっているのです。
やがて飼い主が亡くなった時には、虹の橋のたもとまで迎えに来てくれるという物語です。

この物語にもあるように動物達と私たちは深い絆で結ばれています。

ペットと言っても、子供のようであったり、兄弟や友人のようでもある小さな家族へのお供えを頂くことは飼い主様にとってとても嬉しいことと思います。

プリザーブドフラワーを使ったお供え花は、元気な頃の写真と一緒に飾っていただきやすいコンパクトなタイプが人気です。
可愛かった家族のように、お花を可愛くアレンジしたものが喜ばれています。

また、プリザーブドフラワーなら、長くその可愛さを保つことができ、水かえなどの手間を飼い主様にかけることなくお供えしていただけるのも、人気の理由の一つです。

ガラスドーム型の器に黄色い花のアレンジメント

心が和らぐ優しいイエローのお花。
ガラスドーム型のアレンジメントは埃の心配もなくお供えしていただけます。

 

天国での幸せを祈るような、明るく可愛い色合いが好まれます。

 

フォトフレームにオレンジ色の花でアレンジメント

元気なオレンジのお花と写真が一緒に飾れるフォトフレーム型は、いつも側にいるという安心感があります。

 

プリザーブドフラワーで可愛くアレンジしたペット用のお供え花で、飼い主様の心を一日も早く元気にしてさし上げてください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

フルールドゥマカロン プリザーブドフラワー通販専門店

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////