お客様の声

病院の開院祝いにプリザーブドフラワーはNG?開院祝いのお祝い花マナー

 

「お得意先の病院の開院祝いにプリザーブドフラワーを贈りたいのですが、

マナーなど問題ないでしょうか?」

このような質問をよくいただきます。

 

まず答えは、

「開院祝いにプリザーブドフラワーはおすすめです!」

 

本日は開院祝いにプリザーブドフラワーがおすすめな理由3つを紹介します。

 

プリザーブドフラワーが開院祝いのお花におすすめなのはどうして?

誕生日や開店・昇進昇格など、お祝い事にはお花がマストアイテムです。

その中でも病院や歯科医院・動物病院の開院祝いに

プリザーブドフラワーがおすすめな理由が3つあります。

 

1:水分を含んでないため清潔で、感染病などの心配が少ない。

病院には体力や免疫力の低下した患者様がいらっしゃいます。

そのような方たちの感染症のリスクを抑えるため、

最近ではお見舞の品でも生のお花は禁止されている病院もあるほど。

 

贈られた病院様の管理の面からも、生花よりはプリザーブドフラワーのほうが

安心してお受取りできるのではないでしょうか。

 

2:誤食などの心配が少ない

動物病院などの場合、生のお花を置いていると

ワンちゃんやネコちゃんが目を離した隙に誤飲・誤食をしてしまうかもしれません。

 

お花の中には毒を持つものもあります。

一般的に親しまれているお花、チューリップやすずらん、カラーなどにも毒が含まれているので

実は注意が必要なんです。

 

ちなみに、お祝いによく贈られる胡蝶蘭の花には毒がありませんので、

万が一食べてしまっても大丈夫とのことです(もちろん食用ではないので食べるのはおすすめできません)

 

クリアケースやフレームに入ったプリザーブドフラワーなら誤食や接触の心配もなく安心ですね。

 

3:病院にはお花を飾れるスペースがたくさん

みなさん病院の室内を思い浮かべてみてください。

受付や待合室にはお花や絵が飾られているイメージがありませんか?

 

病院にいらっしゃる方は気分も沈みがち。

少しでも明るく、安心できるように室内の装飾には工夫が凝らされています。

 

開院祝いにプリザーブドフラワーを贈ると、オープンが一段落したあとも

2~3年の間は美しいまま飾ることができます。

受付や応接室などの華やぎとしても喜ばれるはずですよ。

 

おすすめのカラーは、清潔感のあるグリーン系のお花や

明るいオレンジ・イエローなどの色合いです。

 

反対にNGな色合いは、血を連想させる赤色や、

お葬式のイメージが強い白一色のみのお花です。

病院という場所だからこそ、色合いのマナーは気をつけたいですね。

 

いかがでしたか?

今回は病院の開院祝いにプリザーブドフラワーがおすすめな理由を紹介しました。

命を扱う大切な施設だからこそ、お花を贈る時にも気遣いが大切です。

 

最近は開院祝いとしてプリザーブドフラワーを選ばれるお客様が増えてきましたが、

もしご心配事や相談がございましたらお気軽にお問い合せくださいませ。

 

設立・移転祝いにおすすめのプリザーブドフラワー特集はこちらからどうぞ。

https://www.dojimakadan.jp/products/list.php?category_id=19

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プリザーブドフラワーの品ぞろえが常時200種類以上!

プリザーブドフラワー専門通販サイト 堂島花壇オンラインショップ

所在地:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-14-41

電話:06-6543-8783

FAX:06-6543-8784

営業時間:平日9:00~18:00 (土・日・祝休日)

メールアドレス:info@dojimakadan.jp

お問い合せフォーム:https://www.dojimakadan.jp/contact/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////